公営住宅の手すり取付のご依頼をいただきました。

2018年8月21日
玄関、廊下、寝室入口、浴室、トイレの手すり取付のご依頼を頂きました。 築40年近い公営住宅は玄関の段差はないものの、扉の段差が3cm以上、浴室入口にいたっては20cmもの段差を乗り越えないと浴室内に入れません。 すり足で移動される御施主様には転倒の危険性が高い物件です。 玄関は段差がないため、Panasonicのらくレールを。浴室・トイレの出入口は5cmの段差があるため、内側からも外側からもつかむことができるオフセットタイプの縦手すりを。浴室内は浴槽が深いため、L型と縦I型を浴槽周りに配置。廊下は長く、トイレ・寝室の行き来きがスムーズにできるよう、らくレールとオフセットタイプの縦手すりを設置予定です。